2017年02月10日

インフルエンザ脳症

す全国的に警戒レベルにあるインフルエンザですが、皆さんの地域ではいかがですか?
私のところでは、一時的に子供が通う小学校で、学級閉鎖があり、クラスでも入れ替わりながらも、
5人ほどが休みの状況が続いていたようです。

ここ数日は、その勢力もだいぶ収まってきたようです。

先日、10代の若い子が、急に亡くなるというとても痛ましいニュースを見ました。
おそらく、多くの方がご存知だと思います。

まだはっきり発表されてはいないようですが、一部のメディアでは「インフルエンザ脳症」などと
いった情報も出ていたようです。

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s.jpg

それを耳にし、子供の体調の変化を見逃さないようにしなくてはいけないと、痛感しました。
インフルエンザの知識を、あいまいにしていてはいけないと思い「インフルエンザ脳症」について、
親目線の情報をまとめてみました。
もちろん、専門家でもなんでもありませんので、気になる症状があったら、すぐ病院へ。

▶脳症は急激に発症するものということ。
8割が、発熱後数時間~1日以内に神経症状といったものが見られるそうです。

▶神経症状とは?
「けいれん」
多いのは、全身が震えるもので、時間にしても短ければ1分も続かないそうです。
短時間の場合は「熱けいれん」といわれるものの可能性が高く、長く続いたり、何度も繰り返したりなど
必ずしも脳症によるものとは判断できないそうですが、まずはかかりつけ医などの専門家に連絡をした方が
良いそうです。

「意識障害」
寝ているのか、起きているのかわからないような状態で、どんどんと意識が薄れていくようなら要注意だそう。

「異常行動」
いろいろとあるようですが、幻覚や意味不明な発言、泣き出したり、自分の手を噛むなどし、食べ物とそうでないものの区別ができなかったりなど。これも全てが脳症と判断されるわけではなく、持続的にみられるなどする場合は、早めにかかりつけ医などの専門家へ連絡した方が良いそうです。

▶親とし気をつけること。
現在は、原因不明の脳症とされているようで、原因は特定できないようですが、
インフルエンザでの解熱剤の使用は、なるべくしない方が良いようです
インフルエンザ脳症においても、解熱剤の使用は症状を悪化させる場合もあり、避けるべきだと言います。

発熱は身体を守るためのこと、と聞いたこともあるように、熱を出して菌と戦っている時に無理やり薬によって
抑えてしまわない方が良いとも聞きます。

特にうまく症状を伝えられない、子供の状態を判断するのは、私たち親で、行動に起こすもの親ですよね。
熱があるからと言って、市販の解熱剤を飲ませて様子をみると安易に判断するべきではないし、
軽度の咳や鼻水に、軽い風邪かなと判断し、市販のものを飲ませるのも、一歩間違えれば大変なことになって
しまうものだと、改めて思いました。

毎日のように、入れ替わり小児科を受診することもあれば、小児科、眼科、皮膚科などと、1日中病院を
はしごすることもあります。
正直、すごく大変です。そんな日はぐったりです。

でも、慣れとか、経験とかで判断してしまうべきではないなぁ~と感じました。


2017.2.10.17:45追記

憶測が飛んでいた死因については
死致性不整脈と発表されたようです。
ご冥福をお祈りいたします。
posted by アラフォー主婦 at 15:48| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

脂肪燃焼

アルコールの分解・解毒が必要ない今、それだけ脂肪を燃焼してくれるかが、
勝負のようが気がしています。

脂肪の燃焼に、欠かせないものとは…
有酸素運動に、あとは燃焼を手助けしてくれるような食べ物や、運動などに適した時間は
ないだろうか…
と、そんな内容を気になるところをピックアップ。

▶食事⇒時間の経過=血糖値が下がる⇒空腹感⇒体脂肪を燃やしてエネルギーにする。
なるほど。
ただ、日頃から運動不足の方が、いきなりは危険とのこと。
血糖値の下がった時は、急激な激しい運動は貧血になったり、最悪は心臓麻痺などを起こす原因にもなるようです。

徐々に慣らしていくことの他、しっかり水分補給をすること、もしものために、砂糖などを含んだものを
準備して運動するべき
だそうです。
 
▶脂肪燃焼には、水分が必要

脂肪を燃やしエネルギーにするために、加水分解といった方法が使われるそうです。
その名の通り、脂肪の燃焼に多くの水分を必要とするため、常に身体の中に取り込んでおくことが
重要
だそうです。
そのくらいの量が必要かとなりますが、体重の約5%が良いようです。

私の場合、約52㌔なので、必要なのは約2.5ℓ以上。
結構必要なんですね(笑)

いろいろとあるようですが、身近にとれそうなものをピックアップ!

オリーブオイル(オレイン酸というものが、代謝を活発にしてくれます)
海藻類(豊富に含まれるヨウ素やミネラルが代謝を促す)
アボカド(これにもオレイン酸が豊富に含まれる)
などなど。

簡単にサプリを摂る方法




初回の限定価格が安いものは、よく見かけますが、継続数か月が必要だったりしますもんね。

これだと契約のしばりがないので、初回だけでも試せるというのは、かなりうれしい
1ヵ月で980円。しかも税込み、送料無料。

これは、試す価値あり!

ビールよりずっと安い!(笑)

posted by アラフォー主婦 at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ブロッコリースプラウト

少し前ですが、TVで紹介された「ブロッコリースプラウト」をご存知ですか?

たまたまリアルタイムで見ていて、次の日スーパーへ行きましたが、これまでは
あまり需要がなかったのか、陳列棚もほんの僅かなスペースで売られていたような感じ。
もちろん、ごく少量あったと思われる「ブロッコリースプラウト」は品切れ。

今となっては、いつ行っても購入できる状態ですね。
683148415a2f5601bdaf3481a8bf609e_s.jpg
その「ブロッコリースプラウト」は週に1~2パックほど食べていますが、今日は、
その効果のすごさについてまとめてみます。

▶そもそも「ブロッコリースプラウト」とは?
一言で、ブロッコリーの新芽です。
なので、成長するとブロッコリーになります。
ブロッコリー自体も、とても優れた栄養価のある野菜であることは、ご存じですよね。
それを上回るのが、「ブロッコリースプラウト」
種の中に多く含まれた栄養素は、成長とともに減少してしまいます。
そのため、この新芽を摂ることで、効率よく、高い栄養素が吸収できるというわけなんです。

▶「ブロッコリースプラウト」の気になる栄養価と効果

「スルフォラファン」という成分がブロッコリーの20倍も含まれています。

この成分、「ブロッコリースプラウト」以外の食べ物などには、ほとんど存在しないそうなんです。
この成分は、多くの機能を持つ身体の中で最も大きな臓器・肝臓に、とても優れたもの。

肝臓は、脂肪の燃焼やアルコールの分解、解毒など、健康にもダイエットにもかなり重要な
臓器と言えますが、食べ物やアルコールの過剰摂取などにより、肝臓の仕事はとても大変なものに
なってしまいます。
それをサポートしてくれる成分が、この「スルフォラファン」
ということです。

しかも、この効果が1度に、約20g摂取するだけで3日も持続するということ。

どこのスーパーでも、1パック100円ほど。
これで健康が維持でき、ダイエットにも効果的なんて、かなり魅力的です。

他にも効果があると言われるのが
・アンチエイジング効果
・ガン予防
・二日酔いの予防
などあるようです。


▶「ブロッコリースプラウト」の味は?
ブロッコリーの味?全く違和感なく食べられます。
サラダや、みそ汁、メイン料理にちょっと添えるだけでも、十分美味しく食べられます。

私の摂取したブロッコリースプラウトは、きっとアルコールの分解・解毒にばかり働かせられて
いたんですね(笑)
昨日から、挑戦中の日常的な禁酒。きっと、禁酒中は、脂肪の分解に働いてくれると信じ
がんばります。

同時に、体重とアルコールの関係を、毎日記録していこうと思っています
posted by アラフォー主婦 at 14:56| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介