2017年02月02日

スーツの洗濯

旦那の仕事着はスーツです。

ネットで検索してみると、何着かを使いまわし着ている方がほどんどですね。
そして、気になったのが、何回着たらクリーニングに出すか…ということ。

もちろん、夏場は汗をかいたりする分、その着る回数は少なく、汚れたら何日も着てなくても
クリーニングに出される方が多いようです。

短い方だと、3~4日、一番多かったのが、1週間ほど、長い方では数週間着る方も。
連日同じスーツを着るわけではなく、何着かを交換しながら着ている方が多い印象を受けました。

そして、私が出しているクリーニング屋さんの料金ですが、
背広・ジャケット:626円~
ズボン     :389円~
といった感じです。

かなり前に、自宅で洗ってみたら、しわがすごく、アイロンをかける手間と労力、その割には
きれいに仕上がらないという、散々な結果になり、何年も何着かまとめてクリーニングに出して
いました。

もちろん今回もそのつもりでしたが、特別割引になる指定の曜日を過ぎてしまい、来週まで待っては
いられない!といった状態に

全部私が悪いので、反省していますが、指定日だと40%割引になるのに、なんだか出す気になれず、
洗濯機でリベンジしてみました(笑)

スーツ自体は、「自宅で洗えます」などのものではなく、
洗濯に関する表示はこれ。
洗濯表示水洗い.JPG

洗濯表示ドライ.JPG

諦めようとは思いましたが、悩んだ結果、洗ってみることに。

もちろん、1つ1つ洗濯ネットにいれ、ドライコースで洗濯。アクロンを使いました。

洗濯終了し、ドキドキしながらネットから出していきましたが、


・・・



しわがほとんどない!
ちょっとアイロンをかければ、何の問題もない仕上がりに



まずは背広から
洗濯1.JPG



そしてズボン
洗濯3.JPG


ポケットのところには、若干しわが。でもこの程度
洗濯2.JPG



他にもズボン
洗濯4.JPG


こんなに溜め込んでました(笑)

少し乾いたら、アイロンをかけますが、私の中でとても革命的な出来事でした。

これは、スーツをクリーニングに出すことがなくなるかもです。

もちろん、洗濯機の種類や性能、使用する洗剤により、仕上がりも違ってくるかと思います。
あくまで、私の場合ですので、洗濯する場合はご自身の責任のもとでお願いします(笑)
posted by アラフォー主婦 at 11:35| Comment(0) | 家事一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

衣類に付く毛玉を防ぐ!洗濯方法を見直す。

この時期に着る衣類って、毛玉になりやすいですよね…
毛玉取り器も、手軽に購入できるものから、高度な性能を備えたちょっと値段が高めのものまで、それぞれ皆さんの価値感により選ばれていると思います。

まぁ、私の場合は、そもそも高級な服を買っているわけではないので、1,000円ほどのよく見かける一般的なものを使っていますが

毛玉取りに必死になる前に、まずは毛玉をなるべく発生させないように、洗濯や保管方法を見直そうかと思いました。

毛玉のことが気になる!

毛玉のほとんどは、摩擦により発生するのは、よく知られていることですよね。
着ている時に、よく擦れるところは、他のところに比べてやはり毛玉は多いですもんね。
そして、洗濯。
お手頃な服を、いちいちクリーニングに出すのなんて、もったいなさ過ぎる!
ほどんどのものを、自宅の洗濯機で洗っていますが、その洗濯方法はまさに雑ですね…

「裏返してたたみ、ネットに入れて洗う」
これだけでも、毛玉を防ぐことができます。
ただ入れるよりは、たたんで入れた時に、小さめのネットの方が良いそうです。
これは、衣類の動きが制限される分、摩擦を減らすことができるから。

心配なのは汚れ落ち。やはりネットを使用し方が、使用しないものに比べると、汚れ落ちもすすぎも悪くなります。
▶事前に処理できる汚れは落としてから、ネットに入れる。
▶汚れが気になる部分は、表にしてたたみ、ネットに入れる。
これだけでも、だいぶ汚れ落ちの効果は違ってきます。

「コースをドライコースや手洗いコースにして洗う」

洗濯機やメーカーにより、もちろん差はありますが、水流の強さや回転の速度を調節して、丁寧に洗ってくれるコースですよね。
専用の洗剤は、縮みや色落ちなども防いでくれるので、専用の洗濯洗剤を使うのが無難です。
専用の洗剤はシリコンなどの、コーティング剤が入っているものが良いそう。
衣類を守ってくれる力があり、繊維もしっかりコーティングしてくれます。

【まとめ買い】エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用  リフレッシュグリーンの香り 本体(500ml)+詰替用(400ml)×2個 -

洗濯ネットも、店頭にはいろいろなタイプが並んでいますが、それぞれに合った網目や大きさのネットを選ぶことも重要です。

◎目の粗いもの…衣類同士の絡まりを防いだり、破れなどを防止してくれます。
◎目の細かいもの…デリケートな装飾(スパンコールやビーズなど)がついている衣類は、このネットに。
        あとは、糸くずや細かいゴミなどが付きやすい素材のものも、目の細かいものに入れて洗うと
        付着を防止してくれます。
◎ブラジャー専用ネット…その名の通り、ブラジャーの型崩れ防止に。ワイヤー入りのネットだと、さらに型崩れが防止できます。

他にも大型用のものや、スーツに使えるものなど、本当に種類豊富に販売されていますよね。
100円ショップでも、その種類の多さにビックリします

衣類の大きさや形、素材に合ったネットに入れ、丁寧に仕上げてくれるコースで洗う。
それだけでも、毛玉の数を減らすことができますね


早速、ネットを買いに行ってきます


posted by アラフォー主婦 at 12:07| Comment(0) | 家事一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介