2017年01月26日

ハンドクリームの選ぶポイント

手を頻繁に洗うし、もともと荒れやすい手。この時期の手荒れは、特にひどく、あちこちが切れます。
ほんの小さな傷ですが、何気に結構痛いですよね。

ハンドクリームは欠かせませんが、買いに行っても、その種類の多さに、どれがいいのか、
何が自分のこの手荒れの症状に適したものなのか、はっきり言ってわかりません。

そこで、手荒れの状態から、どんなものが良いのかをまとめてみました。

「手荒れの症状と効果が期待できるもの」のまとめ

▶乾燥しカサカサした感じの場合
比較的に症状の軽い方は、保湿成分入りのものを選ぶのが良いでしょう。

「セラミド」は細胞内でスポンジのようになり、角質層で、水分や油分を抱え込む成分。
肌にはもちろん、髪などにもうるおいを与える働きをします。
「ヒアルロン酸」は、保水力が高く、1gで6㍑もの水分を抱え込むことができると言われる
優れた成分です。
このあたりの成分が配合されているものを選ぶのが、良いかと思います。


▶肌が固くなりガサガサした感じの場合
古くなった角質を取り除き、肌の再生を促す成分が入ったものを選ぶのが良いでしょう。

「尿素」には、そういった効果があります。
ただし、注意も必要で、「尿素」は刺激が強いため、敏感肌の方や、まだまだ角質の薄い20代までの子などには
適していません。
また、乾燥予防につけるには、「尿素配合」は逆効果になってしまうそう。
使用の際は、傷の部分を避けて使用しましょう。

▶乾燥でカサカサし、冷えが気になる場合
冷えには、血行の改善が必要です。肌に内側に働きかける成分入りを選ぶと良いでしょう。
「ビタミン」は、血行の流れの改善が期待できます。内側に浸透させることで、血行を良くしてくれます。

▶傷もあり比較的重度の手荒れの場合
「尿素」は刺激が強すぎて使えないが、ひどいカサカサ、ガサガサの場合は、油分のものを選ぶと良いでしょう。
刺激が少なく、油膜をはり、うるおいを与えてくれます。ワセリンや、ロクシタンなどがあります。
はった油膜には、うるおいを閉じ込める働きもあるので、高い保湿効果も期待できます。

ただ、ベタベタが気になる方も多いはず。
寝る前に塗ったりするなど、使い分けをしてもいいかもしれません。
ロクシタンのハンドクリームは、油分も含まれ保湿効果も高いうえに、塗った後もサラサラしています。
口コミも良く、こちらのサイトはお手軽価格です。

ロクシタン ローズベルベットハンド&ネイルクリーム30ml【ネコポス対応商品】【60サイズ】【お一人様5本まで】 (6002256) - おしゃれcafe楽天市場店
ロクシタン ローズベルベットハンド&ネイルクリーム30ml【ネコポス対応商品】【60サイズ】【お一人様5本まで】 (6002256) - おしゃれcafe楽天市場店

家事や育児で、水仕事は避けられないこと。
自分の状態に合ったハンドクリームで、なんとかこの乾燥のひどい時期を乗り切りましょう!
posted by アラフォー主婦 at 00:06| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
商品紹介